薄毛対策のノウハウを自分のものにする

薄毛・男性型脱毛症(AGA)対策のノウハウへようこそ

 

薄毛

 

 

当サイトは、

 

  • 専門的な知識
  • 哲学的考察
  •  

    の二つによって成り立っています。サイトの特徴としては、以下のグラフのようになります。

     

    薄毛

     

    他にない独自の視点で、ユーザーの『知りたいこと』ではなく、『知るべきこと』に重きを置き、また、専門的な『情報』をより高尚な『知性』に変え、かつイラスト等を駆使して『わかりやすく』皆様にお届けする。これが当サイトの運営ポリシーであります。また、サイトの『専門性』を引き上げるために、様々な専門書の引用を載せ、より確実な情報をお届けするように心がけています。

     

    >>続きを見る

     

    薄毛・男性型脱毛症(AGA)対策のノウハウへようこそ

     

    薄毛・脱毛症の種類はたくさんあります。

     

    薄毛の種類
  • AGA(男性型脱毛症)
  • FAGA(女性男性型脱毛症)
  • びまん性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 薬害性脱毛症(抗がん剤による脱毛等)
  • 内分泌・代謝障害による脱毛症(膠原病による脱毛症)
  •  

    薄毛対策

     

    薄毛

     

    このなかでも圧倒的に罹患する数が多いのは、

     

  • 青年期から中年期にかけての男性の薄毛(AGA)
  •  

    ですね。男性の薄毛は医学的には『男性型脱毛症(AGA)』という名前がつけられている。思春期以降に、額の生え際頭頂部の髪が、どちらか一方、または両方から薄くなり、進行する症状を言います。

     

    薄毛対策

     

    遺伝や加齢などに加え、この男性型脱毛症にもっとも大きな影響を与えるのが、

     

  • テストステロン
  •  

    という男性ホルモン(アンドロゲン)の一種。テストステロンは男女ともに体内でつくられるホルモンですが、男性により多くあり、脱毛を促すシグナルを発信する物質はこれから作られます。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用があるのですが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、

     

  • ジヒドロテストステロン(DHT)
  •  

    という脱毛を促進する物質がつくられます。このDHTはテストステロンよりもホルモン活性が数十倍も強く、髪を作り出す元の毛母細胞の働き自体を弱めてしまい、薄毛を引き起こすのです。

     

    薄毛

     

    抜け毛があること自体は問題ありません。人間の髪の毛には『ヘアサイクル(毛周期)』というものがあって、休止期に入る髪の毛は必ず抜け落ちるからです。一日に100本ほど抜けたとしても、それは正常です。

     

    薄毛

     

    しかし、このジヒドロテストステロンは、成長期にある髪の毛を無理矢理休止期に追いやるのです。ジヒドロテストステロンは、成人までは『性器形成』の為に働いてくれるのですが、成人以降やることがなくなり、そのような悪さを働いてしまうんですね。

     

    薄毛

     

    女性の場合は、AGAの頭に女性を意味する『Female』をつけて『FAGA(女性男性型脱毛症)』と言います。女性の場合、血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われていますが、やはりテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症します。

     

    薄毛

     

    薄毛

     

    また、AGA以外の薄毛の原因はたくさんあります。当サイトではそのすべての要素についての対策を掲載していますので、一つ一つ最適化し、薄毛を予防・改善しましょう。

     

    薄毛の原因
  • 体内毒素
  • 活性酸素
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • シャンプー
  •  

    薄毛

     

     

     

    運営者情報

    黄金律

    当サイトの運営者情報や参考文献について。

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP